熱中症予防のために

熱中症の予防は「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。

【予防のポイント】

  • こまめに水分・塩分を補給する。
  • 暑いときには無理をしない。
  • 日傘や帽子を活用する。
  • 涼しい服装をする。
  • こまめに休憩する。
  • 日陰を利用する。
  • 室内でも温湿度を測る。
  • 体調の悪い時は、特に注意する。

作業時の注意事項

  • 体調が悪い日は作業を行わないようにする。
  • 日陰を確保して一定時間ごとに休憩を取る。
  • できるだけ2人以上でお互いの体調を確認しながら作業を行なう。

熱中症の症状

軽症 :めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない
中等症:頭痛、吐き気、からだがだるい(倦怠感)、虚脱感
重症 :意識がない、けいれん、高い体温である、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない、走れない

熱中症が疑われる人を見かけたら

  1. 涼しい場所へ
    エアコンが効いている室内や風通しの良い日陰など涼しい場所へ避難させる。
  2. からだを冷やす
    衣服をゆるめ、からだを冷やす。特に、首の回り、脇の下、足の付け根など
  3. 水分補給
    水分・塩分・経口補水液(水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの)などを補給する

注意:水を自力で飲めない、または症状が改善しない場合は直ちに救急車を要請しましょう。

注意

  • 暑さの感じ方は、人によって異なります。体調の変化に気をつけましょう。
  • 高齢者や子ども、障害者・障害児は、暑さや水分に対する感覚機能が低下していたり、体温の調節能力が十分に発達していないため特に注意が必要です 。
  • 気温や湿度が高い日には、無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使いましょう。

(出典:環境省 熱中症予防情報サイト)

以下もご参考にしてください。

厚生労働省 熱中症予防のために リーフレット(PDF:764.1KB)

厚生労働省

熱中症関連情報[施策紹介、熱中症予防リーフレット、熱中症診療ガイドラインなど]

「健康のため水を飲もう」推進運動

STOP!熱中症 クールワークキャンペーン[職場における熱中症予防対策]

環境省

熱中症予防情報[暑さ指数(WBGT)予報、熱中症環境保健マニュアル、熱中症予防リーフレットなど]

気象庁

熱中症から身を守るために[気温の予測情報、天気予報など]

異常天候早期警戒情報

消防庁

熱中症情報[熱中症による救急搬送の状況など]

お問い合わせ
保健センター
〒742-1102 山口県熊毛郡平生町大字平生村178
電話番号:0820-56-7141
ファックス:0820-56-0200
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。