町長から新年のあいさつ

新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、輝かしい新春を健やかにお迎えのことと心からお慶び申し上げます。

昨年11月18日の平生町長選挙に際しましては、皆様の温かいご支援を賜りまして、初当選の栄に浴し、町長の命を受けましたことに深く感謝申し上げます。

12月11日から町政の運営に取り組んでおりますが、無投票当選でいただいた信託の重さを深く感じ、責任感と使命感で身が引き締まる思いです。

町長就任にあたって、三つの取組みを披露させていただきました。政策の第一である「災害に強い地域防災力の強化」についてですが、昨年7月に西日本を襲った豪雨では、中国地方を中心に斜面の崩壊や河川の氾濫などにより、甚大な災害が発生いたしました。本町においても、人的被害はなかったものの、各所で土砂災害が発生いたしました。現在、その復旧に全力を挙げて取り組んでいるところです。昨年10月には、災害が発生し避難所を開設する際、避難所の円滑な運営を実施することを目的として、平生町避難所運営マニュアルを策定いたしました。 今後においても、様々な災害の発生に備え、常に危機管理意識を持って、災害対策に取り組んでまいります。

第二は「財政の健全化」です。平成28年に第六次行政改革大綱を策定し、行政の簡素化・健全な財政運営・定員管理の適正化に取り組んでおります。今後も、限られた財源の中で的確に対応していくために、財政運営のさらなる効率化・最適化を図り、将来にわたり持続可能な行政サービスを提供できる町政の運営体制を構築してまいります。

第三の「少子高齢化の問題への取組み」については、健やかで安心して暮らせるまちづくりのため、現在、一定の要件に該当する小学校一年生から三年生までを対象に、保険適用医療費の自己負担額分を助成する制度を実施しておりますが、今後はさらなる制度の拡充に取り組んでまいります。

また、人口減少問題に対応するため、平成27年には平生町未来戦略を策定し、将来にわたって活力ある地域社会を堅持するための政策を実施しております。

中でも、政策目標の一つである「地域の特性を活かした産業の振興と雇用の創出」における事業として、平成28年から、本町が位置する室津半島と地形が類似しているイタリアをテーマとした「イタリア~ノひらお」を進めるための協議検討を重ねております。

この事業については、昨年11月に開催のひらお産業まつりの場で事業推進のシンボルマークの発表を行い、全町一体となって本プロジェクトの推進を図るためのご協力をお願いさせていただいたところです。

本町を取り巻く環境は、厳しさを増しておりますが、平生町民憲章にある「明るく住みよいまちづくり」に全力で取り組んでまいる所存です。

皆様におかれましては、本年も町政への変わらぬご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、皆様のご健勝とご多幸を祈念して、新年のご挨拶といたします。
 

平成31年1月1日

平生町長 浅本邦裕
お問い合わせ
総務課 総務班
〒742-1195 山口県熊毛郡平生町大字平生町210-1
電話番号:0820-56-7111
ファックス:0820-56-3864
お問い合わせはこちらから