曽根の板碑

曽根の板碑

平生町大字曽根防地に死者の追善供養のため、板状の石に梵字を刻んだ石造りの建造物「板碑」が5基あります。

この板碑は今日の卒塔婆の原型と考えられており、5基のいずれにも中央に「右逆修七分全得不失金言」、右側に「明応六年丁巳七月十三日」(1497年)とあり、左側には「為六斎供養念仏衆等敬白」と刻まれています。

板碑が1カ所に5基も建てられていることは珍しく、貴重な民俗資料ということから、昭和46年12月14日、平生町指定有形文化財(建造物)に指定されました。

地図情報

関連リンク

文化財

お問い合わせ
教育委員会 社会教育課
〒742-1102 山口県熊毛郡平生町大字平生村178
電話番号:0820-56-6083
ファックス:0820-56-7151
お問い合わせはこちらから