名所旧跡を巡る

歴史民俗資料館

 平生町にある岩田遺跡(縄文時代)出土品をはじめ、弥生時代、古墳時代、奈良時代以降の歴史・民俗・考古などに関する貴重な資料が展示されています。

貴重な文化財も展示されています

所在地

山口県熊毛郡平生町大字平生町193-4

電話番号

0820-56-2310

開館時間

9時〜16時

休館日

月曜日、年末年始(12月28日〜翌年の1月3日)

民具館

館内には、約600点の民具を展示しています。
特色ある民具は、塩田関係の用具です。その他、漁労・農耕・衣食住関係など昔の人が、生きるために創意と工夫をこらして生み出したものです。今では見られなくなったものも多く展示されています。

(写真)民具館

今では見られない民具が多数展示されています

所在地

山口県熊毛郡平生町大字平生町193-15

電話番号

0820-56-2310

開館時間

9時〜16時

休館日

月曜日、年末年始(12月28日〜翌年の1月3日)

阿多田交流館(あたたこうりゅうかん)

古代の阿多田半島地域の歴史や、太平洋戦争中の水中特別攻撃隊の訓練基地に関する貴重な資料などが展示されており、阿多田半島地域の文化や歴史とふれあうことができます。

(写真)阿多田交流館

未来の架け橋をイメージした外観

所在地

山口県熊毛郡平生町大字佐賀3900-14

電話番号

0820-56-1100

開館時間

9時〜16時

休館日

月曜日、年末年始(12月28日〜翌年の1月3日)

阿多田交流館

神花山古墳(じんがやまこふん)

県指定史跡。古代女性の遺骨が発掘された全長約30メートルの前方後円墳です。発掘された頭骨をもとに復顔が行われ、それをもとにした女王像も建てられています。また、春には桜、秋には彼岸花が美しく咲く散策スポットでもあります。

(写真)神花山古墳

原形をとどめた西日本屈指の前方後円墳

所在地

山口県熊毛郡平生町大字佐賀1199番地の1

大野毛利家墓所(おおのもうりけぼしょ)

初代の就頼から明治維新まで10代に渡って栄えた領主、大野毛利家。平生湾一帯を干拓し、幕末には8,600石を有した盟主の墓、14墓が残っています。

(写真)大野毛利家墓所

今は緑のなかに静かに眠る先人の墓

所在地

山口県熊毛郡平生町沼

白鳥古墳(しらとりこふん)

今から、約1500年前の古墳時代前期から中期のものと言われている山口県、広島県では最大の前方後円墳。室津半島のほぼ中央に緩やかな斜面、舌状の丘陵の上にあります。

(写真)白鳥古墳

空からの写真を見るとその大きさに改めて驚嘆します

所在地

山口県熊毛郡平生町大字佐賀字森の下上2249番地外

土手町南蛮樋(どてまちなんばんひ)

江戸時代に干拓された海抜0メートル地帯の平生平野の対策として作られた樋門。丈夫で操作が容易だった当時最先端のオランダの技術を採り入れたことからこう呼ばれています。
現在は、熊川の河川改修工事のため撤去されていますが、南蛮樋の文化財としての価値を保全するため、移築復元する予定としています。

(写真)土手町南蛮樋

ロクロを使って重い樋蓋を持ち上げる仕組みが見られます

所在地

山口県熊毛郡平生町大字平生町250番地の2地先

神峰山 般若寺(しんぽうざん はんにゃじ)

用明天皇がその后、般若姫の菩提を弔うために建立した真言宗の寺。県の文化財に指定されている銅鐘や般若寺由来記三巻など、貴重な文化財も保存されています。

(写真)神峰山般若寺

ミステリアスな民話が伝えられる歴史あるお寺

所在地

山口県熊毛郡平生町大字宇佐木1166番地

電話番号

0820-56-3636

石城山 神護寺(いわきさん じんごじ)

千手観音・不動明王を本尊とする真言宗の寺。もとは石城山の頂上にあり、開山は高麗の僧恵慈、開祖は琳聖太子と伝えられています。観桜と精進料理で有名で、木造の地蔵菩薩と梵鐘は県指定の文化財です。

(写真)岩城山神護寺

深い緑の中にたたずむお寺

所在地

山口県熊毛郡平生町大字大野南1218番地

電話番号

0820-56-5194

久保白船 句碑(くぼはくせん くひ)

平生町出身の自由律俳人、久保白船(1884-1941年)は佐合島で生まれ、種田山頭火や江良碧松とともに「層雲の周防3羽ガラス」と呼ばれ、明治末期から昭和にかけて活躍しました。句碑が建立されている平生町水場は、白船が小学生時代の大半を過ごしたゆかりの地です。

(写真)久保白船 句碑

南周防大橋の側です

所在地

山口県熊毛郡平生町東水場(ひらおボートパーク内)

万葉の歌碑(まんようのかひ)

天平8年(736年)に遣新羅使、阿部継麻呂の一行がこの地に舟泊まりしたことが、万葉集・巻の第十五に四首の歌とともに記録されています。歌の内容から1300年の昔にはこの地方が海上交通の拠点であったことがうかがわれます。

(写真)万葉の歌碑

昔、この地は可良(から)と呼ばれていました

所在地

山口県熊毛郡平生町尾国463-2(尾国コミュニティセンター横)

お問い合わせ
経済課 商工水産班
〒742-1195 山口県熊毛郡平生町大字平生町210-1
電話番号:0820-56-7117
ファックス:0820-56-7123
お問い合わせはこちらから