ガレキ・ガラス・陶器の出し方

原則として月1回収集します。不燃物の指定袋(透明)でステーションに出してください。
ただし、割れたガラスなど危険なものは、段ボールに入れて出されても収集します。その場合は、中に入っているもの(ガラスなど)がわかるように明記してください。割れた陶磁器などは指定袋に入れて出してください。

対象となるもの

灰・土鍋・植木鉢・陶磁器・板ガラス・ガラス食器・耐熱ガラス製品・クリスタルガラス製品・蛍光灯・電球・鏡・化粧品のビン・使い捨てカイロ・CDラジカセ・掃除機・魔法瓶など

燃えるごみ、もしくは缶・金属・ビン・ペットボトル・古着・古紙でリサイクルできるもの以外全てがガレキ・ガラス・陶器の対象となります。

出し方のポイント

釘・カッターの刃などの金属製の小さなもの

リサイクルされませんので、ガレキとして出してください。
厚紙などに刺して出してください。
釘などで量が多い場合、透明の袋につめて出してください。

ラジカセ・コードケーブルなど金属として処理できないもの

リサイクルされませんので、ガレキとして出してください。

包丁・ナイフ・鎌(かま)など

刃の部分だけを紙やテープなどに包んで、品目を明記し、指定袋に入れて出してください。

指定袋に入らないもの

粗大ごみとして処理してください。

ライター

中身を使い切ってから出してください。

ボタン電池・充電式電池

収集することができません。家電量販店などに設置されている回収ボックスを利用してください。

蛍光灯

なるべく家電量販店などの回収ボックスを利用してください。

灰のみで出してください。

重さの目安

出されるときは片手で持てるぐらい(約15キログラム)を目安にして出してください。

指定袋に入らない場合は

指定袋に入らない物は「不燃性粗大ごみ」となります。
個人で処分場へ自己搬入、処分業者に委託、有料で収集のいずれかの方法で処分してください。

粗大ごみの捨て方(指定袋に入らないごみ)

ガレキ・ガラス・陶器一覧表

問い合わせの多いガレキ類を一覧表にまとめました。

ガレキ・ガラス・陶器一覧表
品目 留意事項
アルミインスタント鍋 -
アルミホイル(クッキンク゛ホイル) -
アンテナ(BS) 強化プラスチック製
植木鉢(陶磁器類) -
傘(折り畳み傘) 取り外せるビニール類は取り外して燃えるごみへ
鏡を取り除いた木製部分は燃えるごみへ
ガスマット 油汚れ防止のためコンロの周りを囲うもの
カセットデッキ -
カマ 紙に包んで中身を明記
かみそり(電気かみそり含) -
カメラ -
ガラス食器 -
キャップ・栓(金属製) -
空気清浄機 -
量が多い場合透明の袋につめて出す
蛍光管・蛍光灯・電球 照明器具のガラス部分も含む
化粧ビン ビンで出さない
コードリール -
コーヒーメーカー -
CDラジカセ -
ジューサー(ミキサー) -
食器乾燥機 取り外せるプラスチック部分(ふた)は燃えるごみへ
掃除機 -
体温計 -
釣り竿(金属製) -
釣りリール 釣り糸は取って燃えるごみへ
電気あんか -
電気カーペット -
電気カミソリ -
電気コード -
電気スタンド -
電気毛布 -
電卓 ボタン電池は購入業者に引き取ってもらう
電池(棒状型) ボタン電池は購入業者に引き取ってもらう
電話機 -
時計 -
ナイフ類・刃物 紙に包んで品目を明記
ねんど(教材用) 紙ねんどは燃えるごみ
ネジ 量が多い場合透明の袋につめて出す
灰のみを指定袋に入れて出す
はかり(卓上用) 料理などに使用
厚紙などに刺して出す
針金(少量) 大量にある場合「缶・金属」へ
ファミコンデッキ -
ヘルメット -
ポット(魔法瓶) -
めがね -
ライター 中身を使い切ってから出す
旅行カバン -
ワープロ パソコンは指定の引き取り業者か産業課窓口へ
お問い合わせ
産業課 生活環境班
〒742-1195 山口県熊毛郡平生町大字平生町210-1
電話番号:0820-56-7117
ファックス:0820-56-7123
お問い合わせはこちらから