缶・金属の出し方

原則として月1回収集します。不燃物の指定袋(透明)でステーションに出してください。
缶とその他の金属はそれぞれ分けて、別々の指定袋で出してください。

対象となるもの

空き缶(アルミ缶・スチール缶)・スプレー缶・カセットボンベの缶・フライパン・やかん・鍋などの家庭用金属・扇風機・電気炊飯器・電気ポット・オーブントースター・ステレオ・ビデオデッキ・DVDデッキ・石油ストーブ・石油ファンヒーター

出し方のポイント

空き缶(アルミ缶・スチール缶)

必ず中身もしくは異物を出して軽く水洗いをしてから、つぶさずに出してください。
アルミ缶とスチール缶を分ける必要はありません。

(イラスト)缶の出し方

スプレー缶やカセットボンベの缶

必ず中身を全部使い切ってから出してください。可能であれば風通しのよいところで穴をあけてください。
プラスチックのキャップは燃えるごみで出してください。

(イラスト)スプレー缶

石油ストーブや石油ファンヒーターの本体に残った灯油

本体に残った灯油がもとで火災となる場合があります。必ず灯油を抜いてください。

キャップ・包丁・カッターの刃・切断したコード・ケーブル

ガレキで出してください。

レジ袋や黒い袋ダメ

ごみをレジ袋や黒い袋で包んで指定袋の中に入れないでください。収集いたしません。

金属類の出し方(例)

(イラスト)金属類の出し方(例)

缶をつぶさずに出すのはなぜ?

回収された缶は自動選別機にかけ、アルミ缶とスチール缶に分けたあと、プレス機で固めます。つぶれた缶が混ざっていると選別工程でうまく選別できなくなるほか、プレス機にかけたときに缶どうしがかみ合わなくなり、うまく固めることができない場合があるからです。

分類を間違えやすい金属類

次の品目はすべて、缶・金属類として収集します。収集後は熊南総合事務組合で再生できる部分を手作業で取り外し、再資源化しています。そのため、なるべくコードケーブルは切断し、取り外し可能な部分は取り外してから、ステーションへ出すようにしてください。

分類を間違えやすい金属類一覧(缶・金属として収集します)
ガスレンジ オーブントースター 電気炊飯器 電気ポット
おもちゃ(金属製) アイロン 扇風機 電子レンジ
ビデオデッキ なべ・フライパン スコップ やかん
バケツ(金属製) かなづち ホットプレート 針金ハンガー
鉛筆削り器(金属製) ファンヒーター 浄水器 金網
はさみ 額縁(金属製) 体重計 洗濯物干し
自転車空気入れ ガス瞬間湯沸かし器 針金  
お問い合わせ
産業課 生活環境班
〒742-1195 山口県熊毛郡平生町大字平生町210-1
電話番号:0820-56-7117
ファックス:0820-56-7123
お問い合わせはこちらから