古紙・古着の出し方

原則として月1回収集します。新聞・雑誌・段ボール・古着はそれぞれリサイクル方法が異なりますので、必ず種別ごとに分別して、ひもでしっかり十文字に縛ってからステーションに出してください。また、ステーションへ出す際は片手で持てる重さにしてから出してください。
なお、平日の午前9時~12時および午後1時~3時の間、熊南総合事務組合へ自己搬入できますのでご利用ください。

対象となるもの

新聞・雑誌・段ボール・古着

古紙・古着の収集は、「ダンボール・雑誌」と「新聞・古着」に分けて別々に収集します。

出し方のポイント

種別ごとにひもで結んで出してください。(雑誌と新聞紙も一緒にしないでください)
雨の日はできるだけ出さず、次の収集日に出してください。

新聞の出し方

新聞の折り込みチラシ以外の紙類は混入させないでください。
新聞紙と折り込みチラシを分ける必要はありません。(新聞紙と折り込みチラシを混ぜることで、質の良い再生紙ができます。)

雑誌の出し方

雑誌のほかパンフレット・カタログ・電話帳・書籍・使い古しのノートなども対象になります。
菓子の空き箱やメモ用紙なども”その他の紙”(雑誌)です。
表面をコーティング加工してあるものは、その部分を取り外して出してください。
フィルム・シール類・プラスチック類・金属類など紙以外の異物はすべて取り除いてください。
牛乳パックはパックだけでしばって出してください。

古紙のしばり方のポイント

ひもで十文字にしっかりしばって出してください。(ガムテープでの梱包は不可)
小さいものを内側に、大きいものを外側にすると、きれいにしばれます。

段ボールの出し方

留め金などの金属類は取り除いて、たたんで板状にして出してください。
箱の形のままでは出さないでください。

古着の出し方

不要になった衣類でも洗濯をしてから出してください。

リサイクル不可能なもの

濡れているものや、汚れ・破れがひどいもの、下着・肌着、靴下・ストッキング、手袋、布団、タオルケット、電気毛布、枕、クッション、じゅうたん、カーペット、カーテン、こたつの下敷き、足ふきマット、便座カバー、雑巾、靴、スリッパ、雨合羽、傘、仕立てくず

お問い合わせ
産業課 生活環境班
〒742-1195 山口県熊毛郡平生町大字平生町210-1
電話番号:0820-56-7117
ファックス:0820-56-7123
お問い合わせはこちらから