平成29年度町民税・県民税の申告について

平成29年1月1日に平生町内に住所を有する人は、申告期限までに町県民税の申告をしなければなりません。

申告会場の開設日時・場所および申告書の書き方など、詳しくは次の「町民税県民税申告の手引き」をご覧ください。

平成29年度町民税県民税申告の手引き(PDF:587.4KB)

申告期限

3月15日(水曜日)

町県民税の申告が必要な人

次の1〜3に該当しない人は、平成28年1月1日から12 月31 日までの1年間に生じた所得(給与・農業・営業・漁業・その他)を、多少にかかわらず申告してください。

  1. 所得税の確定申告をした人
  2. 前年中の所得が、給与所得だけで、勤務先から町へ給与支払報告書が提出されており、他に控除の必要のない人
  3. 前年中の所得が、公的年金だけで、公的年金の支払者から町へ公的年金等支払報告書が提出されており、他に控除の必要のない人

注意:公的年金等の収入金額が400万円以下の人で確定申告が不要な場合も、住民税の申告は必要です。
注意:国民健康保険または後期高齢者医療保険の加入者は、その保険税(料)の算定に必要となりますので、収入がない人でも必ず申告してください。

申告に必要なもの

平成29年度の町民税・県民税の申告書から、マイナンバーの記載および本人確認書の提示が必要となっています。

共通

  • 印章
  • 本人確認書類(次の1、2のいずれか)
  1. マイナンバーカード
  2. 通知カードとその持ち主であることを確認できる書類(運転免許証など)
  • 所得の計算根拠となる書類
  1. 給与所得や公的年金所得のある人は源泉徴収票(原本)
  2. 事業所得のある人は、収支内訳書・決算書(事前に作成してお持ちください)

社会保険料・地震保険料の控除を受ける場合

  • 国民年金保険料、生命保険料(一般生命・個人年金・介護医療)、地震保険料等の控除証明書(原本)

障害者控除を受ける場合

  • 障害者手帳などその程度を確認できる書類

医療費控除を受ける場合

  • 医療費の領収書および保険などで補てんされる金額が分かる書類

注釈:医療費控除とは、1年間に支払った医療費総額が所得金額の5%または10万円のいずれか少ない金額を超えるときに受けることができる控除です。

注意:診療を受けた人・医療機関(薬局)の支払先ごとに領収書を整理し、計算を済ませた内訳書を事前に作成してお持ちください。

市区町村への寄付(ふるさと納税)など寄付金税額控除を受ける場合

  • 領収書や受領証

その他控除を受ける場合

  • その事実を確認できる書類

様式ダウンロード

町民税・県民税申告書

必ず表面(1枚目)と裏面(2枚目)の両方を提出してください。

平成29年度町民税・県民税申告書(PDF:1.3MB)

添付書類貼付台紙

源泉徴収票、生命保険料などの証明書類を貼り、申告書と一緒に提出してください。

添付書類貼付台紙(PDF:562.3KB)

本人確認書類(写)貼付台紙

郵送提出等の場合、マイナンバーの本人確認書類(写)を貼り、申告書と一緒に提出してください。

本人確認書類(写)貼付台紙(PDF:464KB)

お問い合わせ
税務課 町民税班
〒742-1195 山口県熊毛郡平生町大字平生町210-1
電話番号:0820-56-7114
ファックス:0820-56-7171
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。