後期高齢者医療制度

これまで75歳(一定の障害の状態にある人は65歳)以上の人は、国民健康保険や健康保険組合などの医療保険制度に加入しながら「老人保健制度」で医療給付を受けていましたが、平成20年4月からは新たに創設された「後期高齢者医療制度」により医療給付を受けることになりました。

運営主体

被保険者

75歳以上の人(75歳の誕生日から)
65歳以上75歳未満で一定の障害があり、申請により認定を受けた人(山口県後期高齢者医療広域連合の認定を受けた日から)

保険証

保険証は、1人に一枚ずつ交付されます。
病院等で診療を受ける際には、窓口に提示してください。
毎年8月に更新します。

保険料について

被保険者一人ひとりに保険料を納めていただきます。
年間保険料は、被保険者全員が同じ額を負担する「均等割額」と、被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」の合計額となります。

平成25年度の保険料の算定方法

保険料額 = 均等割額[47,474円] + 所得割額[保険料計算のもととなる所得額×9.45%]
上限額55万円

  • 所得の低い人は、保険料が軽減されます。(手続きは不要です。)
  • 保険料率は山口県後期高齢者医療広域連合が2年ごとに見直しを行っています。

保険料の納め方

保険料は、年金が年額18万円以上の人の場合、原則年金から天引きとなります。
ただし、介護保険料と合わせた保険料額が年金額の2分の1を超える場合は、年金からの天引きの対象になりません。
年金天引きの対象外となる場合は、納付書または口座振替によりお支払いいただきます。

年金天引を口座振替に変更することができます

口座振替に変更した場合、世帯主や配偶者等の社会保険料控除額が増えることにより、世帯全体でみた所得税や住民税の額が少なくなる場合があります。

窓口での自己負担割合と所得区分

所得や収入に応じて、現役並み所得者・一般・低所得2・低所得1に区分され、自己負担割合・自己負担限度額が変わります。
医療機関等窓口での自己負担割合は一般・低所得2・低所得1は1割、現役並み所得者は3割となります。
1カ月の医療費の自己負担額が自己負担限度額を超えた場合、申請により超えた額が高額療養費として払い戻されます。
平成24年4月1日からは、ひとつの医療機関において高額な外来診療を受けたときに保険証や認定証(後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証)を提示すれば、ひと月の自己負担額を超える部分を支払う必要はなくなりました。(認定証の交付は、住民税非課税世帯の人に限られます。)
1年間の医療保険及び介護保険における両方の自己負担額を合算した額が自己負担限度額を超えた場合、申請により超えた額が高額介護合算療養費として払い戻されます。

自己負担割合及び所得区分の判定基準はこちら(山口県後期高齢者医療広域連合ホームページへリンク)

被保険者が亡くなられた場合

被保険者が亡くなられた場合、葬祭を行った人に葬祭費5万円が支給されますので、役場町民課にて手続きしてください。

持参いただくもの

  • 死亡された人の被保険者証
  • 葬祭を行ったことが分かる書類(領収書や会葬礼状など)
  • 印鑑
  • 振込先口座番号がわかるもの
お問い合わせ
健康保険課 保険年金班
〒742-1195 山口県熊毛郡平生町大字平生町210-1
電話番号:0820-56-7115
ファックス:0820-56-7116
お問い合わせはこちらから