広島広域都市圏における連携中枢都市圏の形成

1 連携中枢都市宣言

平成28年2月15日、「平成28年第1回広島市議会定例会」の冒頭で、広島市長が「連携中枢都市宣言」を行い、「連携中枢都市宣言書」を公表しました。

「連携中枢都市宣言」とは

連携中枢都市圏制度の活用にあたり、圏域の中心都市が、圏域全体の将来像を描き、圏域全体の経済をけん引し、圏域の住民全体の暮らしを支えるという役割を担う意思を有すること等を明らかにするものです。

連携中枢都市宣言書(PDF:863KB)

2 連携中枢都市圏形成に係る連携協約

平成28年3月30日、「連携中枢都市圏」を形成して、圏域全体の経済成長のけん引、高次の都市機能の集積・強化および圏域全体の生活関連機能サービスの向上に関する取組を行うにあたっての基本的な方針や取組内容、役割分担を定める「連携協約」を、広島市と広島広域都市圏の23市町との間で、それぞれ締結しました。

広島市と平生町との連携中枢都市圏形成に係る連携協約(PDF:301.7KB)

3 連携中枢都市圏ビジョン

平成28年3月30日、「200万人広島都市圏構想」の実現を目指して、都市圏の中長期的な将来像を示すとともに、その実現に向けて取り組む具体的な施策を取りまとめた「広島広域都市圏発展ビジョン」を策定しました。

広島広域都市圏発展ビジョン(PDF:2.8MB)

関連リンク

広島広域都市圏発展ビジョン(連携中枢都市圏の取組) (広島市)

お問い合わせ
地域振興課 まちづくり推進班
〒742-1195 山口県熊毛郡平生町大字平生町210-1
電話番号:0820-56-7120
ファックス:0820-56-7121
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。