予防接種(乳幼児・児童生徒)

予防接種は、お子さんの体調に合わせて接種できるよう、県内の委託医療機関で個別に行っています。できるだけ下記の表の「標準的な接種年齢」内で接種しましょう。

接種時に必要なもの

予診票、母子健康手帳

  • 予診票は、母子健康手帳交付時にお渡ししています。
  • MR2期及び二種混合の予診票については、対象年齢になったら郵送します。
  • 子宮頸がんワクチンについては、現在、接種の積極的勧奨を控えていますので、予診票を交付していません。接種を希望する場合は、保健センターへご連絡ください。
  • 予診票を紛失された場合は、母子健康手帳をお持ちの上、保健センターへお越しください。

接種料金

無料(対象年齢を過ぎると全額自己負担となります。)

その他

  • 医療機関へは事前に予約をしてください。
  • 長期療養を必要とする病気にかかったことにより、やむを得ず対象年齢内に予防接種が受けられなかった場合には、対象年齢を過ぎても接種できる場合がありますので、保健センターへお問い合わせください。

定期予防接種

四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ)
ポリオ(不活化ポリオワクチン)

四種混合、三種混合、ポリオ定期予防接種について
対象者 標準的な接種年齢 回数 間隔
1期初回 生後3か月から
90か月に至るまでの人
生後3か月から12か月まで
(生後3か月以降お早めに)
3回 20日以上
1期追加 生後3か月から
90か月に至るまでの人
1期初回接種
(3回目)終了後12か月〜18か月
1回 1期初回接種
(3回目)終了後6か月以上

二種混合(ジフテリア・破傷風)

二種混合定期予防接種について
対象者 標準的な接種年齢 回数
11歳以上13歳未満の人 小学校6年
1回

MR(麻しん・風しん)

MR定期予防接種について
対象者 標準的な接種年齢 回数
1期 生後12か月から24か月に至るまでの人   1回
2期 5歳以上7歳未満で、小学校就学始期に達する日の前日までの人 年長児相当 1回

日本脳炎

日本脳炎定期予防接種について
対象者 標準的な接種年齢 回数 間隔
1期初回 生後6か月から
90か月に至るまでの人
3歳 2回 6日以上
1期追加 生後6か月から
90か月に至るまでの人
4歳
(初回接種後おおむね1年)
1回 1期初回接種(2回目)
終了後6か月以上
2期 9歳から13歳未満の人 9歳 1回
 

平成7年4月2日から平成19年4月1日までに生まれた人は20歳未満まで接種できるように、接種機会が緩和されています。詳しくは、次のリンク先でご確認ください。

日本脳炎(厚生労働省)

令和3年度に9歳になるお子さんの定期接種について

令和3年度は、日本脳炎ワクチンの供給量が大幅に減少することから、優先接種対象者(1期初回、1期追加)が設定されており、第2期対象者の定期接種の個別のご案内が延期されています。
今年度に接種を希望する場合は保健センターにご連絡ください。

日本脳炎の予防接種のご案内が遅れます(厚生労働省)

BCG

BCG定期予防接種について
対象者 標準的な接種年齢 回数
1歳未満の人 生後5か月から8か月まで
1回

ヒブワクチン

ヒブワクチン定期予防接種について
対象者 接種開始年齢 回数 間隔
生後2か月から
60か月に至るまでの人
生後2か月から7か月に至るまで 4回 初回接種:生後12か月に
至るまでの間に27日以上
追加接種:初回接種終了後
7か月以上
生後7か月から12か月に至るまで 3回 初回接種:生後12か月に
至るまでの間に27日以上
追加接種:初回接種終了後
7か月以上
生後12か月に至った日の翌日から
生後60か月に至るまで
1回  

小児用肺炎球菌ワクチン

小児用肺炎球菌定期予防接種について
対象者 接種開始年齢 回数 間隔
生後2か月から
60か月に至るまでの人
生後2か月から7か月に至るまで 4回 初回接種:生後24か月に
至るまでの間に27日以上
追加接種:初回接種終了後
60日以上で、生後12か月に
至った日以降
生後7か月から12か月に至るまで 3回 初回接種:生後24か月に
至るまでの間に27日以上
追加接種:初回接種終了後
60日以上で、生後12か月に
至った日以降
生後12か月に至った日の翌日から
生後24か月に至るまで
2回 初回接種:生後24か月に
至るまでの間に27日以上
追加接種:初回接種終了後
60日以上で、生後12か月に
至った日以降
生後2か月から
60か月に至るまで
生後24か月に至った日の翌日から
生後60か月に至るまで
1回  

水痘

水痘定期予防接種について
対象者 標準的な接種年齢 回数 間隔
生後12か月から36か月に至るまでの人 1回目の接種は生後12か月から15か月まで 2回 3か月以上
(標準的には6か月から12か月まで)

B型肝炎

B型肝炎定期予防接種について
対象者 標準的な接種年齢 回数 間隔
1歳未満の人
(平成28年4月1日以降に生まれた人)
生後2か月から8か月まで 3回 【2回目】
1回目の接種から27日以上
【3回目】
1回目の接種から139日以上

ロタウイルス

令和2年10月1日から、ロタウイルスの予防接種が定期接種となります。
対象者は、令和2年8月1日以降に生まれたお子さんです。

ロタウイルス定期予防接種について

ワクチンの種類 接種期間 回数 間隔
ロタテック
(5価ワクチン)
生後6週から32週まで 3回 27日以上
ロタリックス
(1価ワクチン)
生後6週から24週まで 2回 27日以上

初回接種は、14週6日までに受けてください。

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)

子宮頸がん定期予防接種について
対象者 標準的な接種年齢 回数 間隔
小学6年生から
高校1年生の女子
中学1年生 3回
  • サーバリックス(2価ワクチン)
    2回目は、1回目から1か月以上
    3回目は、1回目から5か月以上かつ2回目から2か月半以上
  • ガーダシル(4価ワクチン)
    2回目は、1回目から1か月以上
    3回目は、2回目から3か月以上

現在、接種の積極的勧奨を控えています。
なお、対象者のうち、希望する人は、接種することができます。接種する際は、予診票が必要ですので、保健センターへご連絡ください。
接種を受ける場合は、ワクチン接種の有効性および安全性等について、十分に理解をした上で接種してください。詳しくは、下記のリンクをご参照ください。

子宮頸がんとHPVワクチン -厚生労働省-

お問い合わせ
保健センター
〒742-1102 山口県熊毛郡平生町大字平生村178
電話番号:0820-56-7141
ファックス:0820-56-0200
お問い合わせはこちらから