新型コロナワクチンの接種についてのお知らせ

接種状況

ワクチン接種状況(9月9日現在)

新型コロナワクチンの接種状況
区分 対象者数 1回目の
接種者数(接種率)
2回目の
接種者数(接種率)
高齢者
(65歳以上)
4,736人 4,183人(88.32%) 4,124人(87.08%)
12歳以上
(65歳以上の高齢者を含む)
10,798人 8,890人(82.33%) 7,084人(65.60%)
  • 高齢者の対象者数は、実際に接種券を発送した人数です。
  • 12歳以上の対象者数は、令和3年4月1日現在の住民基本台帳に基づく人数です。

接種に関する情報

  • 集団接種の予約受付は、9月3日(金曜日)で終了しました。
  • 個別接種の予約受付は、9月10日(金曜日)で終了しました。

接種に関するお問い合わせは、町保健センター(電話番号:0820-56-7141)へお願いします。

住民票がある場所 (住所地) 以外での接種について

お住まいが住所地と異なる人は、実際にお住まいの地域でワクチン接種を受けられる場合があります。実際にお住まいの市町村の相談窓口にお問い合わせください。

入院・入所中の医療機関や施設でワクチン接種を受ける人

医療機関や施設へご相談ください。

基礎疾患で治療中のかかりつけ医でワクチン接種を受ける人

かかりつけ医へご相談ください。

その他

平生町に転入された方の新型コロナウイルスワクチン接種について

新型コロナワクチン接種証明書(海外渡航用)の発行について

ワクチン接種を受けるにはご本人の同意が必要です

現在、何かの病気で治療中の人や、体調など接種に不安がある人は、必ずかかりつけ医にご相談の上、ワクチン接種を受けるかどうかお考えください。

また、接種には、本人の接種意思の確認が必要となるため、意思を確認しにくい人は、家族等が同伴してください。

健康被害救済制度のお知らせ

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナウイルスワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
現在の救済制度の内容など、詳しくは次のリンク先をご確認ください。

予防接種健康被害救済制度について - 厚生労働省

問合せ先

一般的な問合せ(接種時期・場所等)

平生町新型コロナウイルスワクチンコールセンター
電話番号:0820-56-0567
受付時間:8時30分~12時、13時~17時15分(土曜日・日曜日、祝日は除く)

専門的な問合せ(有効性、安全性、副反応)

山口県ワクチン接種専門相談センター
電話番号:083-902-2277
受付時間:24時間対応

制度に関する問合せ(施策のあり方等)

厚生労働省新型コロナウイルスワクチンコールセンター
電話番号:0120-761-770
受付時間:9時~21時

個別具体的な問合せ(成分、疾患ごとの接種可否等)

ファイザー新型コロナウイルスワクチン専用ダイヤル
電話番号:0120-146-744
受付時間:9時~20時(日曜日、祝日は除く)