マイナンバーの提示で添付書類が一部省略できます

マイナンバー制度における情報連携が平成29年11月13日から始まり、児童手当などの各種手続の一部において、マイナンバーを申請書等に記入することで、添付書類を省略できるようになりました。

マイナンバーを提供する際は、マイナンバーカード等の本人確認書類が必要ですので、忘れずにご用意ください。

対象となる手続きや省略できる添付書類については、各担当課(各行政機関)への問い合わせやホームページ等でご確認ください。

情報連携とは

これまで行政の各種事務手続で提出する必要があった書類を省略できるよう、 専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関の間で情報をやりとりすることです。なお、安全対策のため、情報連携ではマイナンバーを直接使わず、専用の符号を用います。

詳しくは、内閣府ホームページをご覧ください。

マイナンバー制度における情報連携について - 内閣府

本人確認書類

「番号の確認」と「身元の確認」ができる書類が必要です。

マイナンバーカードを持っている場合

マイナンバーカード1枚で番号確認と身元確認が可能です。

マイナンバーカードを持っていない場合

番号確認書類と身元確認書類が必要です。

番号確認書類

通知カードまたはマイナンバーの記載がある住民票

身元確認書類

顔写真付きの確認書類

運転免許証、パスポートなど

顔写真が無い確認書類

健康保険証、年金手帳など、2種類以上

マイナンバー制度に関する問合せ先

マイナンバー総合フリーダイヤル

電話番号:0120-95-0178(無料)
平日:9時30分~20時00分
土曜日、日曜日、祝日:9時30分~17時30分
年末年始を除く

お問い合わせ
地域振興課 情報管理班
〒742-1195 山口県熊毛郡平生町大字平生町210-1
電話番号:0820-56-7120
ファックス:0820-56-7121
お問い合わせはこちらから