インフルエンザの流行シーズンに入りました!

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感などの症状が比較的急速に現れるのが特徴です。あわせて、普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られます。

お子様では、まれに急性脳症を、高齢者や免疫力の低下している方では二次性の肺炎を伴うなど、重症になることがあります。

山口県でも、11月20日にインフルエンザの流行シーズン入りが発表されました。本格的に流行する時期ですので、次の点に注意して感染予防に努めましょう。

感染予防のために

  • 予防接種を受けましょう
  • こまめに石けんで手洗いをしましょう
  • 栄養、睡眠を十分にとり、普段から抵抗力を高めておきましょう
  • 流行時には、なるべく人ごみを避けるように心掛けましょう
  • 咳やくしゃみが出るときは、マスクを着用するなどの「咳エチケット」に心掛けましょう
  • インフルエンザかな?と思ったら、早めに医療機関を受診しましょう

以下もご参考にしてください。

厚生労働省 令和元年度 今冬のインフルエンザ総合対策について

お問い合わせ
保健センター
〒742-1102 山口県熊毛郡平生町大字平生村178
電話番号:0820-56-7141
ファックス:0820-56-0200
お問い合わせはこちらから