熱中症を予防しましょう

新型コロナウイルス感染症の関係で、今夏はこれまでとは異なる生活環境下であり、例年以上に熱中症に気をつけましょう。特に高齢者、子どもは熱中症になりやすいので十分に注意し、3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲の人同士で積極的な声かけをしましょう。

熱中症とは

高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスがくずれたり、体温調整機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害が起こります。生命の危険を伴うこともありますが、予防法を知っていれば防ぐことができます。

熱中症の予防法

令和2年度の「新しい生活様式」における熱中症の予防法

暑さを避けましょう

暑い日は無理せずにエアコンを使用しましょう。しかし、新型コロナウイルス感染症を予防するために、エアコン使用時でも換気扇や窓開放によって換気をしましょう。換気を行うと、室内温度が高くなるので、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。
汗を拭くときはより熱を逃がすために、保冷剤や氷、ぬれた冷たいタオルでからだを冷やしましょう。また、天気予報や熱中症のかかりやすさを示す「暑さ指数(WBGT)」を参考に、暑い日や時間帯を避け、無理のない範囲で活動しましょう。

適宜マスクをはずしましょう

気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなります。マスク着用時は、強い負荷の作業や運動は避け、周囲の人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合では、適宜マスクをはずして休憩しましょう。

健康管理をしましょう

日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防するためにも大切です。体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養しましょう。

こまめな水分補給をしましょう

屋外、屋内ともに、のどが渇く前に、こまめに水分補給しましょう。また、入浴前後、就寝前、起床後にも水分補給しましょう。1日あたり1.2Lの水分摂取が目安とされています。大量に汗をかいたときは、スポーツ飲料などで塩分も補給しましょう。

暑さに備えたからだづくりをしましょう

「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度の運動を心がけ、からだが暑さに慣れるようにしましょう。運動時は水分補給を忘れずに、無理のない範囲で実施しましょう。

 

令和2年度に必要な熱中症予防行動について、環境省と厚生労働省が作成した資料をご活用下さい。

令和2年度の熱中症予防行動(リーフレット)(PDF:769.8KB)

熱中症になったときは

熱中症を疑う主な症状

  • めまい、立ちくらみ
  • 筋肉痛、手足のしびれ
  • 頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感

応急措置

涼しい環境へ避難しましょう

風通しのよい日陰や、クーラーの効いている室内に避難させましょう。

脱衣と冷却をしましょう

衣服を脱がしたり、ベルトをゆるめるなど風通しをよくしましょう。また、露出した皮膚や、特に首の付け根、脇の下、大腿の付け根、股関節部に冷やしたペットボトルや氷を当て、早急に体を冷やしましょう。

水分・塩分の補給をしましょう

汗で失われた塩分を適切に補える経口補水液やスポーツドリンクを補給しましょう。応答が不明瞭で意識がはっきりしていない場合や嘔吐が見られる場合は、水分の摂取は禁物です。

医療機関へ受診しましょう

呼びかけに応じない、自力で水分摂取ができない、症状がよくならないなどの場合は救急車を呼び、医療機関での適切な処置を受けましょう。

熱中症関連リンク

熱中症を予防しましょう(山口県健康増進課)

熱中症~救急搬送速報~(山口県消防保安課)

環境省

熱中症予防情報サイト[暑さ指数(WBGT)予報、メール配信サービスなど]

気象庁

熱中症から身を守るために[気温の予測情報、天気予報など]

消防庁

熱中症情報[熱中症による救急搬送の状況など]

お問い合わせ
保健センター
〒742-1102 山口県熊毛郡平生町大字平生村178
電話番号:0820-56-7141
ファックス:0820-56-0200
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。