ペットの飼い方について

犬や猫を飼うときは

放し飼いはやめましょう

  • 犬の放し飼いは県条例などで原則禁止とされています。
  • 犬が放されていると、飼い主が大丈夫と思っていても、他人に恐怖や危害を与えたり、交通事故に遭うおそれがあります。
  • 散歩をするときも引き綱を必ずつけましょう。
  • 犬をつないでおくときは、敷地内からはみ出さないようにしましょう。
  • 迷い犬のほとんどは首輪や鑑札をつけていないため、飼い主が特定できません。鑑札の番号はその飼犬の住所・飼い主を知る手がかりです。必ず鑑札を首輪につけるか、もしくは、首輪にその番号を記入しておきましょう。
  • 猫についてもできるだけ屋内で飼いましょう。

犬の捕獲

鑑札と注射済票をつけていても、迷い犬や放し飼いされている犬は「山口県飼犬等取締条例」により捕獲されることがあります。飼い犬が捕獲されたときは、山口県柳井環境保健所(電話番号:0820-22-3631)にお問い合わせください。なお、野犬を目撃したときは近寄らず、町役場または柳井環境保健所に連絡してください。

フンの後始末をしましょう

  • 散歩の途中でしたフンは必ず家に持ち帰りましょう。
  • 散歩をするときは、フンを入れる袋とスコップを必ず持っていきましょう。

飼い犬や飼い猫がなくなったときは

飼い犬がなくなったとき

町民課に届け出てください。なお、死体については飼い主が処理してください。

飼い猫がなくなったとき

届け出は不要です。なお、死体については飼い主が処理してください。

飼い犬や飼い猫を飼えなくなったときは

犬や猫も命ある生き物です。本来は最後まで面倒を見ることが飼い主の責務です。本当に飼えないのかご家族でもう一度よく話し合ってください。どうしても飼えなくなったのであれば、新しい飼い主を探し、犬や猫が生涯を全うできるようにしてください。

やむを得ない場合は、町民課へお問い合わせください。

お問い合わせ
町民課 生活環境班
〒742-1195 山口県熊毛郡平生町大字平生町210-1
電話番号:0820-56-7113
ファックス:0820-56-5603
お問い合わせはこちらから